2022年6月

July 07, 2022

世界の石油需要はパンデミックによる低迷からの回復を続けている。現在の成長軌道をたどれば、2023年末には世界の石油消費量はパンデミック前の水準を超えると期待されている。一方、世界の石油供給は成長する需要に追いついておらず、市場は依然として逼迫している。その結果、原油価格は100ドルを超えており、探鉱・開発事業者に記録的な利益をもたらしており、徐々にオペレーターの新規プロジェクトへの資本支出が拡大している。我々はこの傾向が継続すると考える。以下に詳細を論じるように、大水深開発は依然として非常に堅調であり、今後18ヶ月に浮体式石油・ガス生産システムの発注が見込まれるプロジェクト数は30件を超えている。但し、新たな生産設備の需要ペースに対応するサプライチェーンの能力が鍵となるであろう。これらについて6月号で論じる。レポートのデータセクションでは計画段階にある浮体式生産システム194案件、発注済み浮体式生産/貯蔵システム68基、稼働中の浮体式生産ユニット304基、再配備に利用可能な浮体式生産システム22基についての詳細を示した。添付のエクセルスプレッドシートでレポートのデータをニーズにあわせて並べ替えることができる。情報は6月30日現在のもの。

Please Log In for Access

World Energy Reports

You must subscribe to DATABASE or EXECUTIVE INTELLIGENCE package to access this content.

Subscribe Now!


Already a subscriber? Login


Request a Free Sample Report