2021年11月

November 28, 2021

原油価格高騰に対応するために、主要な石油輸入国がそれぞれ石油備蓄を放出する協調策が開始された。しかし、これは石油価格を押し上げている強力な市場ファンダメンタルズに対抗するには微力すぎる公算が高い。世界の石油需要は成長しており、石油供給制限が成功して市場が逼迫した。原油スポット価格は80ドル台前半にとどまっており、2020年代後半の受渡し原油先物価格は上昇した。上流部門投資の魅力が高まっており、短期的に発注が予測される浮体式生産システムの数の増加に反映されている。30件を超える浮体式生産システム契約が今後18ヶ月以内に発注の見込みがあり、これには油価上昇の機会を生かそうとする複数の小規模な案件が含まれる。これらの契約すべてを18ヶ月以内に引き受けるサプライチェーンの能力が発注の大きな障壁となる可能性がある。ここ1ヶ月に3基の浮体式生産システムが発注され、2021年の発注数は12基となった。これは、久々の発注ペースである。これらについて11月号で論じる。レポートのデータセクションでは計画段階にある浮体式生産システム193案件、発注済み浮体式生産/貯蔵システム51基、稼働中の浮体式生産ユニット309基、再配備に利用可能な浮体式生産システム46基についての詳細を示した。レポートには浮体式生産・貯蔵システムの採用が計画されている場所、稼働している場所、設置予定場所をアップデートした地図が含まれている。添付のエクセルスプレッドシートでレポートのデータをニーズにあわせて並べ替えることができる。情報は11月24日現在のもの。

Please Log In for Access

World Energy Reports

You must subscribe to DATABASE or EXECUTIVE INTELLIGENCE package to access this content.

Subscribe Now!


Already a subscriber? Login


Request a Free Sample Report