2021年10月

November 02, 2021

原油価格は石油需要成長の回復とOPECプラスの協調減産合意により80ドル台半ばまで上昇した。しかし多くの大手上流生産者は依然として上流投資をためらっており、近い将来には石油供給不足と原油価格の上昇が見込まれる。一方、今後18ヶ月以内に発注が見込まれる浮体式生産システム数は30基となっている。但し、これは大規模な市場の混乱がなく、サプライチェーンがこの期間に受注を吸収しきれることを前提としている。短期的浮体式生産システムの発注に対する最大の制約は市場の需要ではなく、サプライチェーンがコストの大幅超過や大幅な遅延を生じることなく仕事を請け負うことができるかどうかであることがますます明白になっている。これらについて10月号で論じる。レポートのデータセクションでは計画段階にある浮体式生産システム208案件、発注済み浮体式生産/貯蔵システム49基、稼働中の浮体式生産ユニット308基、再配備に利用可能な浮体式生産システム45基についての詳細を示した。レポートには浮体式生産・貯蔵システムの採用が計画されている場所、稼働している場所、設置予定場所をアップデートした地図が含まれている。添付のエクセルスプレッドシートでレポートのデータをニーズにあわせて並べ替えることができる。情報は10月27日現在のもの。

Please Log In for Access

World Energy Reports

You must subscribe to DATABASE or EXECUTIVE INTELLIGENCE package to access this content.

Subscribe Now!


Already a subscriber? Login


Request a Free Sample Report