2018-22年の浮体式生産システム発注予測

October 30, 2017

WER 2018年予測レポートは1998年以来シリーズ21回目の予測レポートであり、今後5年間の浮体式生産システムの予測を行う。102ページのレポートは大水深開発に関与するビジネスプランナーにとって役立つ情報とインサイトを提供する。まず2018-22年の5カ年に優勢と考えられる基調的大水深市況の評価を行う。次に3つの市場シナリオにおけるFPSO、FPU、FLNG、FSRU、FSOの発注を予測する。2018-22年の予測は昨年よりも大幅に高いものとなった。浮体式生産システム発注数と予測される資本支出額は2017-21年の5カ年予測よりも30%アップとなっている。基調となる市況が改善していること、FPSO発注(特にブラジル)の堅調な回復が期待されること、限界生産ガスを商品化するためにFLNGへの関心が高まっていること、潜在的なFSRUプロジェクト数が急増していることが推進要因となっている。

Please Log In for Access

World Energy Reports

You must subscribe to DATABASE or EXECUTIVE INTELLIGENCE package to access this content.

Subscribe Now!


Already a subscriber? Login


Request Free Trial