2018年10月号

November 10, 2018

WERの浮体式生産システム発注5カ年予測(2019-23年)が発表された。本レポートは今後5年間にわたり大水深開発で優勢と考えられる基調的市場状況を評価するものである。レポートでは石油/ガス需要の成長、将来のエネルギー供給ミックスにおける大水深の役割、将来の石油/ガス供給途絶リスク、想定される石油及びガス価格、大水深の対シェール競争力、フィールドオペレーターの資本支出予算、大水深プロジェクトの融資へのアクセス、サプライチェーンの制約、そしてブラジルオフショア回復の今後のペースを考察した。さらに、3つの市場シナリオのもとで5つのタイプの浮体式生産システムの発注を予測した。FPSO及びFPUの発注予測数が増加したことから2019-23年の資本支出予測は昨年の予測よりも9%高い。業界の展望が全般的に改善していることと、ブラジルでFPSO発注の強い回復が期待できることが予測発注数を押し上げている。

Please Log In for Access

World Energy Reports

You must subscribe to DATABASE or EXECUTIVE INTELLIGENCE package to access this content.

Subscribe Now!


Already a subscriber? Login


Request Free Trial