将来のビジネス推進要因の分析と 2021-25年の浮体式生産システム発注予測

November 30, 2020

約200件の計画段階のプロジェクトで浮体式生産施設をフィールド開発に必要とする公算が高い。これらは全て開発ソリューションが浮体式生産システムを含む1,2の選択肢に絞られている段階にあるプロジェクトである。しかし、これらの計画段階にあるプロジェクトが生産システム発注に進むためには投資決定が必要であり、これは基調的市況に左右される。2021年予測レポートでは、大水深部門の市況を形成し、今後5カ年にわたって浮体式生産システム発注ペースを決める12のビジネス推進要因を検証する。2025年までの浮体式生産システム発注予測は計画段階にあるそれぞれのプロジェクトが3つの具体的な市場シナリオの下で投資決定に到達する見込みの詳細な評価に基づいている。発注タイミング、購買力のある地域、資本支出額の推定等の詳細を論じる。今年の発注予測と資本支出予測は昨年の予測よりも大幅に低い。2021-25年の最も可能性の高いシナリオにおけるFPSOとFPU発注予測数は31%減少している。FLNG発注予測数は17%、FSRU発注予測数は40%減少している。新造及び改造契約に関連する資本支出額は昨年の予測よりも15%低い。予測の下方修正は新型コロナウイルスによる経済的ショックが主因である。これは、大水深ビジネス部門に一時的に大混乱を引き起こした想定外の出来事である。新しい2021年予測レポートはこれらを詳細に論じている。

Please Log In for Access

World Energy Reports

You must subscribe to DATABASE or EXECUTIVE INTELLIGENCE package to access this content.

Subscribe Now!


Already a subscriber? Login


Request a Free Sample Report